カブレ止め

この時期は紫外線に油断がなりません。

女性陣なら日焼け防止は基本かと思いますが、私の場合は日焼け防止というよりカブレ防止が必要なのです。
そう、私ってば日光カブレするんです。

イヤミがおフランスにかぶれているように、東照宮の日光にかぶれるわけではありません。(あ、すごくつまんない)
読んでそのまま、「お日様の光で皮膚がかぶれる」のです。

発覚したのは数年前でした。
快晴の休日に一日中お外で遊んでおりましたらば、翌日から顔にブツブツができてかゆいのなんの。

皮膚科に行ったら、日光で炎症をおこしてかぶれた状態になってる。という診断が。

それまでは水で顔を洗ってほったらかすという雑な肌状態だった私ですが、年齢と共にスキンケアを余儀なくされたのでした。

それ以来、顔にはカブレ止めならぬ日焼け止めクリームをちゃんと塗っています。
が、先日失敗をこいてしまいました。

首ぐりの広い服を着て、半日ほど日光の下に。
顔には日焼け止めを塗ったのですが、うっかりうなじ近辺に塗ってなかったんですな。

そしたらアナタ、案の定、うなじ界隈がカイカイですよ。
カイカイ~のカイ~♪ とネズミ男のように歌い出すくらいカイカイです。

そこからあらためて猛省し、今年初めて日傘を買いました。 これでカブレ対策はバッチリよっ!

と思いましたら、まだ不足発見。
運転中の腕。です。

晴れの日の車内は直射日光がかなりキツイ上に、運転中は逃げようがないわけですね。
そこでさっそく100円ショップに行き、アームカバーをゲットです。

昔はアームカバーと言えば白か黒、おばちゃまアイテムというイメージでしたが 今時は違います。
目移りするほどのかわいいものがいっぱい!
水玉模様のキュートなヤツをえらんじゃいましたぁ。

そして早速、福石猫の「犀爺-さいじい-」(北國銀行犀川支店さんに修行に行き、名づけて頂きました)とともにドライブへ。

画像


今日も快晴ですが、腕が全くジリジリしません。 ビバ アームカバー。
快適に兼六園の緑を楽しめましたよ。
これで真夏の車内も安心で~す。

ところで この兼六園ドライブで感じたこと。
現在GW中なので、大観光都市金沢には他県ナンバーの車がたくさんいます。

目的地を探してゆっくり走ってるクルマ、道を間違って方向転換するクルマ。
道を知らないんだからしょうがないです。 だれでもよそに行ったらそんなもんです。

そのクルマに意地悪する地元車の多いこと!
ものすごーく近寄ってせっついてみたり、割り込みさせまいと車間距離をつめたり。
二度と会うこともない人だから、意地悪心の赴くままに嫌がらせですか!?

と~っても悲しくなります。 心が貧相すぎます。
嫌がらせをした事実は、天知る 地知る 我知る。

心が貧相にならないよう、こういう事を目の当たりにするたびに自分の行動を振り返ってみるのでした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック